映画やドラマの原作に「大ヒット!少女漫画」が付いてくるようになった最近ですが、あまり私の興味を引くものではなくなってしまいました。年齢を重ね、結婚適齢期を迎えたからなのかは分かりませんが、現実的に考えると少女漫画のような世界はどうにも受け入れられなくなってしまったように感じます。これは私自身の経験がそうさせてしまうのかもしれません。あまりにも現実とかけ離れた内容に昔は憧れていましたが、今ではそんな風に簡単にいくわけないよ、などと思ってしまうのです。
このままでは廃れた人間になってしまうと感じ、書店で話題の少女漫画について試し読みをしてみましたが、それでもグッとくるものはありませんでした。学生の頃はあんなに憧れが強かった世界なのに、自分自身のことながら寂しく感じました。
現在は恋愛系よりも刑事ドラマの方が私には合っているようで、それらの再放送や録画した物、レンタルショップでDVDを借りるなどして視聴しています。多少の恋愛要素が絡んでいるだけならまだ大丈夫なようで、少し安心しました。
いつかまた恋愛ドラマに興味が持てる日が来ると思っています。